かかりつけのクリニックを見つけよう

かかりつけのクリニックを見つけよう!

今回は、「かかりつけのクリニックを見つけよう!」というテーマでお伝えしたいと思います。
歯医者の選び方がわからない、近くにいい歯医者がないか調べたい、などのお悩みを解決できるよ詳しく解説していきます。

本題に入る前に1つお伝えしたいことがあります。

わたくしども下北沢予防チームは、「予防がもっと多くの日本人に広まってほしい」と願っています。
そう思うきっかけはいくつかありますが、

たとえば、大がかりな治療をしていると、ふと「予防さえきちんと広まっていればこんな大変な思いをしなくてすんだのに」と思うことがあります。大がかりであればあるほど、このような悔しさを感じます。

とくに歯周病は、壊滅的な状態になるまで進行していることがあり、かみ合わせや矯正、インプラントが必要なトータルの治療(包括治療といいます)が必要になります。
そうなると治療が数年単位になってしまい、治療終了しても弱っている歯は無傷の天然歯には勝てないので、どうしても再発しやすく、終了してからのメインテナンスが確実に必要になります。

歯周病はメインテナンス予防が大事

このように治療が終わったら必ずメインテナンス、つまり予防が100%必要なのが歯周病治療です。

あとから結局予防しないといけないのであれば、再感染のしやすさ、痛みやオペなどの苦痛、治療終了までの時間、費用、削ったりして残る歯の量など、どう考えても最初から予防しておいた方が楽なのです。

治療前に健康なうちにはじめる

とはいえ、自分が確実に歯周病(もしくはむし歯)になるという保証はありません。しかし、ならないという保証もありません。 

ご安心ください、通常の検査では「いま歯周病(むし歯)かどうか」という病気の検査しかできませんが、「歯周病・むし歯のなりやすさ」を検査することもできます。

年代別一人あたりの歯の残存数
「お口を予防する意味」より:40代で1本、50代で3本…80代で18本失う

データによると、50代で急に歯を失いはじめます。一般的に歯周病が始まるのが40代で、その後歯周病の進行が加速するとともに歯を失う本数が増えます。
健康であればあるほど歯の予防がうまくいくので、30代までに歯周病予防を開始すれば、死ぬまで1本も歯を失わずにすむことがわかっていただけると思います。以上がわたしたちが予防を広めたい理由になります。

30代のうちにどうか一人でも予防をはじめる人が増えることを願っています。

それでは、本題へ。

これまで歯科医院へ通った経験があると思います。そして、すでにかかりつけのクリニックを見つけている人はたくさんいらっしゃるでしょう。
しかし、治療の時だけに通うのと大切な歯の予防のために通うのとは少し違う視点が必要かもしれません。

  • なかなかいい歯科医院が見つからない
  • 治療終了といわれた
  • 定期的にむし歯の治療を繰り返している

そんなあなたのために、今回は一生付き合うことができる信頼できる歯科医院の見つけ方についてお伝えします。ただし、クリニックに所属する歯科医師、歯科衛生士も人間ですので、クリニックとの相性のよしあしがあると思います。ですので、あくまでも1つの判断基準ととらえたうえで、自分にあったクリニックを見つけてくださる手助けができればうれしく思います。

目次

通院前に見ておくポイント

通院しながら見るポイント

通院前に見ておくポイント

通院しやすさ

歯周病治療後のメインテナンスや予防のことを考えると、通いやすい距離にあることが大切です。痛みなどの症状がないとどうしてもサボりたくなるでしょう。そんな場合でも、近くにあると通いやすいと思います。

勤務先の近くや乗り換えで利用する駅、自宅の近くなど、ご都合にあわせて見つけましょう。

また通いやすくても、昔から地域に根ざしているような信頼できるクリニックと現役バリバリ・あぶらののりきった院長がいるクリニックで迷う場合があると思います。その場合、ずっと通院することを考えるとまだまだ現役の歯科医師が院長のクリニックがおすすめです。

歯周病専門医・認定医であること

歯周病は、冒頭でお伝えしたとおり必ずメインテナンスが必ず治療のなかに含まれます。
歯周病治療を専門とする専門医や認定医はメインテナンスをしっかりとおこなっています。ですので、専門医・認定医をまずは目安としてみるのがよいと思います。

歯周病をきちんと治療できるということは、10年以上再発させないためのメインテナンスやそもそも病気にならないための予防がきちんとできるということと同じです。
専門医・認定医でなくてもよいかもしれませんが、ウェブサイトや口コミでは歯周病に力を入れているか見極めるのはなかなか難しいと思います。

歯周病の治療は、ご自身の協力が不可欠で、歯科医師・歯科衛生士だけでは治せません。それに治るまでに時間がかかります。ですので、自然と長いおつきあいになります。

また専門医・認定医のもとには、優秀な歯科衛生士が在籍しています。

予約制

予約時間を十分にとってくれるかどうかは非常に大切です。予約時間通りにスタートするクリニックは、歯科医師もしくは歯科衛生士1人あたり1名の患者さんを診療している場合が多く、予約時間の最初から最後までつきっきりでみてくれることが多いです。

逆に予約制であるのにかかわらず、あたりまえに10分15分遅れで診療が始まる場合は、同じ予約時間内に複数の患者さんをみていることが多いでしょう。

しっかりとメインテナンス・予防してゆく場合、ちょっとした病気の徴候に気づいて記録をしっかりとるが大切になってきます。そして、その説明や対策をする時間が必要になります。

何ごともなければよいですが、何かしら歯周病・むし歯の徴候が出てくる可能性がありますので、お時間にはゆとりが必要となります。

1回の時間は、理想は1時間、最低30分が目安です。

通院しながら見るポイント

清潔さ

昨今のコロナウイルス感染症により、歯科医院の衛生管理体制も注目されています。
グローブなどディスポーザブルのものをしっかり交換して感染対策をしていたり、消毒や滅菌にこだわりを持っているところは安心できると思います。

本来、歯科医院は唾液や血液などの接触が多い場所なので、感染しやすい環境です。1つの基準ですが、清潔な院内、特にトイレや水回りが清潔なクリニックはこだわりを持っている場合が多いでしょう。手鏡やチェアに飛沫などのあとが残っている場合は要注意です。

このように、外観のきれいさは1つの目安になるかもしれませんが、それよりもクリニック内の清潔さをチェックすることをオススメします。

詳細な検査
口腔内写真(9枚法)
14枚法レントゲン撮影
詳細なレントゲン(デンタル14枚法
模型診査

口腔内写真(お口の中の部分ごとの撮影5〜12枚)や詳細なレントゲン(おおまかなレントゲン1〜2枚・フイルムサイズのもの10〜14枚)、かみ合わせ、模型診査、リスク検査(歯周病・むし歯のなりやすさの検査)など、治療開始前に検査をしっかりしてくれるところは、しっかりとした治療計画(予防計画含む)を立ててくれる可能性が非常に高いです。

検査をしっかりおこない、詳細なデータをとるということは、病気の発見だけでなく、原因やリスクの発見に力を入れているといえます。

治療計画を提示
予防計画書・治療計画書

治療計画がないということは、ゴールがないということを意味します。見た目なども大切ですが、それよりも治療したあとケアしやすいかどうか、再発しづらいかどうかなど、治療後まで計画した治療計画があるかないかで、メインテナンスや予防に力を入れているかどうかが見えてきます。

詳細な検査のあと、「どこがどう悪くてリスクがどのくらいあるのか」結果を詳しく説明してくれる。
「長持ちする治療法、どうやったら将来長く健康な状態を維持できるか」といった治療計画を説明してくれる。
そして、保険外診療が含まれる場合、最終的にどのくらい費用がかかるのか見積もりをだしてくれる歯科医院は、良医の可能性が高いです。

担当制(歯科衛生士・歯科医師)

治療計画を立ててくれる歯科医院では、経過をしっかり把握しながら診療するため、ちょっとした異変にも敏感です。治療では担当歯科医師が決まっているのが一般的で、もしできない治療があれば、他の専門の歯科医師を紹介してくれるのも特徴です。

そのような良医は熱心で優秀な歯科衛生士を雇っている場合が多いので、歯科医師とおなじく歯科衛生士も担当制をとっていることでしょう。歯科医師とおなじく、その人の生活状況を詳しく知ることができたり、健康状態や価値観など、さまざまなことを詳しく把握できます。一歩踏みこんだセルフケアや予防ケアをすることができるのです。

メインテナンスで通院している人が多い

メインテナンスが多いということはそれだけ歯周病治療,歯周病予防に力を入れている可能性が高いといえます。

痛くてつらそうな人が少ない、ニコニコしている人が多い、世間話をしているような明らかに常連の方がたくさんいるようなクリニックがメインテナンスが多いクリニックです。

また、ことあるごとに予防やメインテナンスが大事だということを積極的に伝えてきてくれるクリニックは、それだけ予防やメインテナンスに力を入れているということです。うるさいと思うかもしれませんが、いいクリニックでよかったことを喜ぶべきことでしょう。

まとめ

しっかりと歯を守ってくれる=メインテナンスや予防に力を入れているクリニックと出会うためには、歯周病に特に力を入れている歯科医院を見つけることが近道です。長期の計画を立ててくれ、根気強く対応してくれるでしょう。

かかりつけのクリニックがあることで、いつのまにか健康意識も高まり、あなたにとって必要不可欠な存在になっているに違いありません。歯に関する不安がなくなり、それだけでなく全身も健康になれると思うとワクワクしてきませんか。

おおくの人がお口の中だけでなく、ヘルシーライフ(心身とも健康で、おいしいものを食べ生き生きとした人生)を送ることができるのを願っています。

  1. 未来を選択
  2. 自分しか守れない未来
  3. 精密拡大医療
  4. 自宅でできる歯周病治療
下北沢せきにし歯科医院で初めての診察予約!
PAGE TOP