歯周病の原因と治療法

むし歯の治療と予防

今回は、「むし歯の治療と予防」というテーマでお伝えしたいと思います。

みなさん、むし歯の治療を経験したことがあるのではないでしょうか。
むしろ、むし歯になったことがないという人は少ないと思います。

本題に入る前に1つお伝えしたいことがあります。

わたくしども下北沢予防チームは、「予防がもっと多くの日本人に広まってほしい」と願っています。
そう思うきっかけはいくつかありますが、

たとえば、大がかりな治療をしていると、ふと「予防さえきちんと広まっていればこんな大変な思いをしなくてすんだのに」と思うことがあります。大がかりであればあるほど、このような悔しさを感じます。

とくに歯周病は、壊滅的な状態になるまで進行していることがあり、かみ合わせや矯正、インプラントが必要なトータルの治療(包括治療といいます)が必要になります。
そうなると治療が数年単位になってしまい、治療終了しても弱っている歯は無傷の天然歯には勝てないので、どうしても再発しやすく、終了してからのメインテナンスが確実に必要になります。

歯周病はメインテナンス予防が大事

このように治療が終わったら必ずメインテナンス、つまり予防が100%必要なのが歯周病治療です。

あとから結局予防しないといけないのであれば、再感染のしやすさ、痛みやオペなどの苦痛、治療終了までの時間、費用、削ったりして残る歯の量など、どう考えても最初から予防しておいた方が楽なのです。

治療前に健康なうちにはじめる

とはいえ、自分が確実に歯周病(もしくはむし歯)になるという保証はありません。しかし、ならないという保証もありません。 

ご安心ください、通常の検査では「いま歯周病(むし歯)かどうか」という病気の検査しかできませんが、「歯周病・むし歯のなりやすさ」を検査することもできます。

年代別一人あたりの歯の残存数
「お口を予防する意味」より:40代で1本、50代で3本…80代で18本失う

データによると、50代で急に歯を失いはじめます。一般的に歯周病が始まるのが40代で、その後歯周病の進行が加速するとともに歯を失う本数が増えます。
健康であればあるほど歯の予防がうまくいくので、30代までに歯周病予防を開始すれば、死ぬまで1本も歯を失わずにすむことがわかっていただけると思います。以上がわたしたちが予防を広めたい理由になります。

30代のうちにどうか一人でも予防をはじめる人が増えることを願っています。

それでは、本題へ。

むし歯の治療と予防

むし歯について下記のような苦い思い出はありませんか?

  • むし歯治療で痛い思いをした
  • 麻酔が痛かった
  • 夜眠れないほどの痛みが出た
  • 根元の歯肉がパンパンに腫れた

子供の時から怖くて恐怖心がとれず、痛みがないし食事もできるからと、見て見ぬふりで放置してしまっている人がいるかもしれません。

しかし、むし歯はそのままにしていて良いことはなにひとつありません。放っておいても自然治癒することは。

むし歯の放置、見た目が気になる
むし歯を長年放置
繰り返しむし歯ができる
むし歯治療を何度もやり直ししてきた

長年放置してきたむし歯に痛みが出てきた、見た目が気になるなどの理由でようやく歯医者に来院されたときには、取り返しがつかない状況になっています。多くの場合手遅れで、かなり大がかりで痛みを伴う大変な治療をすることになります。

歯科治療の進歩で、多くの歯が残せるようになっていますが、最悪の場合抜歯もありえるのです。

目次

サイズごとに違うむし歯の治療

むし歯の予防・対処方法

まとめ

サイズごとに違うむし歯の治療

むし歯は、重症度によってC0〜C4まで分類されます。初期であれば削らなくて済みますが、むし歯をとりきるためにだんだんと削る範囲が大きくなり、重度になると抜歯ということになります。つまり、むし歯は重症になる前にできるだけ早く治療することが大切です。

サイズごとに違うむし歯の治療

初期むし歯(C0)

C0は「要経過観察歯」ですので安心してはいけませんが、たとえば表面が少し白くなっていたり、茶色っぽくなっているだけで歯に穴が空いていない状態です。削らないで再石灰化を目指します。

エナメル質のむし歯(C1)

エナメル質は、歯の表面をおおう人体で最も硬い組織です。歯の表面や溝など、限られた狭い範囲に穴があいた状態です。
通常、痛みやしみる感じはありません。この段階で気づき、治療をすると削るのもむし歯の範囲だけで痛みも少なくおこなえます。

象牙質のむし歯(C2)

象牙質は、歯の内部の組織で、エナメル質より軟らかく、酸に溶けやすい組織です。歯の内部にまで穴が広がり、象牙質に達した状態です。

たまに冷たいものや甘いもので痛むことがあるというレベルで気づけば、削る範囲も痛みも少なく比較的早く治療が完了します。

冷たいもので痛みが毎回あったり、温かいものまで痛むレベルになった場合は、象牙質内で深く広く穴が広がっていることが多く、範囲が大きいために型どりが必要になったり、最悪の場合は根管治療(根の治療)が必要になることさえあります。

歯の神経のむし歯(C3)

歯髄は、いわゆる神経とよばれる組織で、神経のほかに血管やリンパ管などが通り、象牙質に栄養を補給している組織です。歯の中心部、歯髄(神経)まで大きく穴が進んでいる状態で、激痛があり、普段の生活や仕事に支障をきたします。

この段階では、根管治療(根の治療)が必須で、歯冠部(歯肉から上の部分)がほとんどない場合は補強のための土台を入れ、型どりをしてクラウン(かぶせもの)をかぶせることになるため、治療期間は長くなります。

放置すると歯髄(神経)が死んでしまい、痛みがなくなることがあります。痛みがなくなったからといって安心してはいけません。次に痛くなったときには抜歯の可能性が非常に高くなります。

この段階での治療が、歯を残すことができる最後の治療ともいえます。

歯の根のむし歯(C4)

歯冠部(歯肉から上の部分)がほとんど崩壊し、歯根だけ残った状態です。

歯髄(神経)が死んでしまい、痛みがなくなっていることがほとんどです。
歯根の先に膿が溜まると激しい痛みが起こり、痛みが出た場合は保存困難なため通常は歯を抜くことになります。

この状態でも保存が可能なケースがありますが、歯周外科手術や部分矯正などの特殊な治療が必要となるため、治療期間はかなり長くなり、保険がきかないために費用がかかります。 

むし歯の予防・対処方法

むし歯の治療は、進行とともに時間も費用もかかり、痛みなどの苦痛をともなう場合があります。
歯は一度削ってしまうと、二度と元に戻すことはできません。

むし歯の治療

しかも、むし歯の治療は削って人工の材料をつめただけですから、厳密には治ったわけではありません。
治るというのは、指の切り傷のように自分の組織で回復することをいいます。

つまり、もとどおり自分の歯に戻れば治ったといえるわけですが、残念ながらそのような治療方法は存在しません。もちろん、ほうっておいても自然治癒しません。

錆びない金属はありません

また、人工の材料は必ず温度(熱)によって膨張・収縮し、さびない金属はありません。

お口の中は、超過酷です。唾液などの水分だけでなく、100℃近い飲みものや食べもの、氷やアイスなど氷点下の飲みものや食べものにさらされています。

結局人工の材料は、天然歯には負けますので、治療後はご自身による予防(セルフケア)が必須です。

しっかりとセルフケアをすれば、むし歯は予防できる

むし歯はの原因は、酸を作る「細菌」、「歯や唾液の質(酸への抵抗力)」、細菌のエサとなる「糖(主に砂糖)」の3つですので、これらに対処すればいいのです。

プラークを除去して量をコントロールする
しっかりとしたセルフケア

大切なのは、むし歯になりやすい歯の間を清掃することです。
歯ブラシだけでは、むし歯だけでなく歯周病にもになりやすい歯と歯の間はプラーク(細菌のかたまり)が残ったままになり、予防できません。

デンタルフロスや歯間ブラシを使って毎日ケアをすることは最も重要です。

もちろん、歯ブラシを使って丁寧に磨くのをお忘れなく♪

歯の質、唾液の質を強くする
歯の質を強くする

フッ化物には、再石灰化を促進し、細菌が酸を出しにくくする働きがあります。重要なのは、むし歯になりかけたときに、フッ化物イオンがすぐ近くに存在していることです。

むし歯リスクが高い人は、フッ化物配合歯みがき剤を使い、むし歯のリスクに合わせた頻度(年2回以上)で歯科医院で高濃度のフッ化物を塗布してもらうようにしましょう。

唾液の量が少ないと、お口の中が酸性になりやすく、酸性に強いむし歯菌が増えます。
対策としては、唾液腺マッサージを毎日おこない、キシリトール100%のガムやタブレットを食べるようにするのがベストです。咀嚼や味による刺激は唾液の分泌量を増加させる効果が期待できます。

食べものをコントロールする

お口の中は唾液のおかげで中性になっていますが、食べたり飲んだりすると酸性になります。酸性の時間が長くなればなるほどむし歯になりやすくなります。

むし歯が多く出来る人は共通して糖分をとる回数が多く、「だらだら」の飲食(チョコレート、飴、お菓子、缶コーヒー、コーラ、エナジードリンクなど)をしています。まずは飲食の回数をコントロールしましょう。特に砂糖に注意することが基本です。

ポテチチップスもむし歯になる

砂糖だけに気をつけていてもいけません。ポテトチップスなどのスナック菓子(加工でんぷん食品)は、砂糖とおなじレベルで口の中を酸性にしますので、要注意です。

「その食品がむし歯菌の酸を出す原材料を含んでいない」に注目することが大切です。ここで注意をしなくてはならないことは、たとえキシリトール(むし歯菌が酸を作れない糖)を含んでいても、砂糖が含まれていればむし歯になるということです。
むし歯予防のイメージの強いキシリトール配合としながら、砂糖を含むものが多くあります。キシリトール100%かどうかに着目しなければなりません。

キシリトールガム

たとえば「砂糖不使用」と表示しながら砂糖以外の酸産生能のある糖を加えているもの、にたようなものに「カロリーオフ」「低糖」「甘さ控えめ」といったものがあり、全てむし歯になる可能性があります。
「シュガーレス」の表示があってもむし歯にならないわけではありません。たとえ「シュガーレス」でも一部にはむし歯菌が酸を出す材料となる三糖類や多糖類を含む食品もあります。

間食を含めて食事の回数は1日5回までにすると効果が出てくるとされています。食後は糖分を利用してむし歯菌が酸を作りますので、食べたら歯を磨くようにしましょう。夜間の水以外の飲食は避けましょう。

次に大切なのは、歯科医院でのプロフェッショナルケア

一人では不十分な問題が出てきますので、必ず歯科医院での専門的な予防(プロフェッショナルケア)を最低年4回うけるようにします。  

歯科医院でプロフェッショナルケアをうけることで、磨き残して蓄積してきたプラーク(ばい菌のかたまり)や、自分で絶対にケアできない歯ぐきの中まできれいにすることができます。歯の表面の傷がつるつるになるのでプラークがつきにくくなります。

それだけでなく、日頃のセルフケアの状況のチェックや、今後どうしたらよいのか、さまざまなリスクについて教えてもらったり相談することができます。
むし歯リスク検査を受けたり、あなたに合った歯磨き剤や使いやすい歯ブラシなど、セルフケアグッズを選んでもらうことで、どれが使いやすくて必要なのかが明確になります。

専門的なアドバイスを受けることで、日々の生活のなかで、ご自身が何に気をつけてゆけば良いかが明確になり、歯に対する不安がなくなることでしょう。

まとめ

むし歯は、その原因に1つずつ対処していくことで確実に防ぐことができます。もしむし歯になってしまったとしても、痛みがない早いうちに治療に行けばおおごとにならないので痛い思いや大変な思いをしなくてすみます。

これまで怖くて歯医者に行けなかった人も、「今日」が一番早い日です。先延ばしにすればするほど恐ろしい日が待っているということを念頭に、勇気をふりしぼって治療に踏みだすことをオススメします。

ますは専門家のアドバイスを

大切な歯を守るためには、日頃からのメンテナンスが欠かせません。歯医者を「痛くなってから行くところではなく、痛くならないために行くところ」だと考え、定期的にケアしていただくことをおすすめします。そのために、信頼できるかかりつけのクリニックを見つけることをオススメします。

  1. むし歯のプロセス
  2. プラークって何?
  3. 歯を失ってしまった人たちへ
  4. バイオフィルム
  5. 歯肉炎
  6. 自宅でできる歯周病治療
下北沢せきにし歯科医院で初めての診察予約!
PAGE TOP