ホワイトニング

ホワイトニング

あなたのイメージをチェンジ
歯が白くなるだけで、人生が変わる

白い歯のメリット

  • 3歳若く見える
  • 仕事に影響する
  • 自信をもって笑える
  • メンタル面の健康

歯を見せるということ = 笑顔を見せているということ

笑顔は第一印象にとって最も大切ですが、そのとき見せる歯の美しさがその印象のほとんどを占めています。第一印象は最初に出会った時の0.1秒で決まってしまいます。

白い歯で若々しい印象に

  • 調査で、歯の黄ばみと顔の印象に関する結果が出ています。
    歯が黄ばんでいる人の印象として、71.3%の人が「老けて見える」と回答しています。
  • 歯が白い状態と黄ばんだ状態の同一人物の写真を見比べると、見た目年齢に平均2.7歳違うという結果が出ています。
  • 人事・採用担当者は、92.9%の人が白い歯の写真の方を採用したいと回答しており、白い歯は就職でも有利になるという結果が出ています。

白い歯は仕事上でも有利

白く綺麗な歯は、自己管理ができていると認識されることにつながり、仕事にもよい影響を及ぼします。
ビジネスで有利

20〜40代の働く男女300名に行った調査の中で、「仕事ができない感じがする・一緒に仕事をしたくないと思うのは?」という問いへの回答第3位に「歯が黄ばんでいる」が挙げられています。これは「身なりがだらしない」「髪の毛にふけがある」に次ぐ結果で、歯が黄ばんでいることで自己管理ができていないと捉えられてしまうようです。

欧米人と日本人

欧米人は、普段はむすっとしている人でも、写真撮影の時だけは歯を出して笑顔を見せます。
欧米人の歯

欧米人は、白い歯を見せた笑顔が自身の家庭水準と教育レベルの高さの象徴となり、クリーンな印象を与えるとともに、オープンマインド(理解を示すことが出来る懐の広さ)のアピールにもなることを知っているのです。

ホワイトニングとは

歯のクリーニングと混同されることがありますが、クリーニングは歯に付着した歯垢や歯石、着色汚れを取ることをいい、予防を目的とするものとただきれいにすることが目的のものがあります。予防センターで行うプロフェッショナルケアは予防を目的としています。

ホワイトニングとは、ご自分の健康な天然歯の色をもとのように白く明るくする方法です。
代表的な方法に、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニング

歯科医院で歯科医師の管理下のもと行う方法で、通院型のホワイトニングのことを言います。
1回~数回の通院が必要で、歯の表面に薬剤を塗る必要があり、歯肉にブロックするダムをつけ、光を当てて薬剤を活性化し歯を白くします。短期間で効果を得たい場合におすすめですが、後戻り(色の戻り)が起きやすいとされています。しかも従来、1回につき1時間半もかかっていました。

ホームホワイトニング

自宅で行う方法で、マウスピースに専用の薬剤を入れて使用します。歯科医院で歯型を取ってマウスピースを作らなければなりません。ですので、すぐに始めることが出来ません。1ヶ月程度の継続使用の為、効果が現れるまで時間はかかりますが、その分後戻りが少ないです。 1回につき2時間もかかっていました

どちらの方法も一長一短ですよね。そこで、早く白くなるオフィスホワイトニングと、時間をかけて白くすることで白さが持続するホームホワイトニングのメリットをかけ合わせた、 “理想”といわれているホワイトニング方法の登場です。

デュアルホワイトニング

短期間で理想的な白さが手に入る(期間には個人差があります)
ホワイトニングの効果

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングホームホワイトニングを併用することで、目標の白さに到達するまでの時間を大幅に短縮でき、白さも長時間維持することができます。ホームホワイトニングのみで理想的な白さを手に入れるのには根気が必要ですが、デュアルホワイトニングならわずか短期間で、憧れの美しく輝く白い歯を手に入れることができます。いいとこ取りなイメージです。

当院で行うデュアルホワイトニングは

早く白くなるオフィスホワイトニングと、時間をかけて白くすることで白さが持続するホームホワイトニングのメリットをかけ合わせた、“理想”といわれているホワイトニング方法です。かといって、白すぎるのも逆に目立ってしまいますから、ナチュラルな白さを目指しています。短時間で効果が出るように最適化されているため、簡単で、短時間で、痛みがほとんど出ないように調整されています。

オフィスホワイトニング

歯科医院でのたった20分間のホワイトニング

専用の青色LEDライトを使用することで、ホワイトニングジェルが素早く反応し、短時間で美しく輝く白い歯を手に入れることが出来ます。

ホームホワイトニング

ご自宅でのたった20分間のホワイトニング

更に、歯科医院での施術後は専用のトレイとホームケア用のジェルを持ち帰り、お好みの色になるまで自宅でホワイトニングを行うことができます。

歯科医院で行う理由
セルフホワイトニングサロンとの違い

近年、歯科医院とは別にセルフホワイトニングというジャンルのサロンが増えてきています。白い歯に対する関心や需要が増えてきている現れだと思います。自分の手で歯にホワイトニングの薬剤をつけ、自分でライトを当てます。

なぜセルフなのでしょうか。
実は日本の法律では医師・歯科医師あるいは歯科衛生士以外が口の中を触れるのは違法となります。医療機関以外ではみなさんの歯に施術することができないのです。

使う薬剤は同じなのでしょうか。
漂白効果のある薬剤を使用していたら、ただちに薬機法違反となるため、歯科医院とは違う市販の薬剤を使用しています。セルフホワイトニングでは効果は弱い反面、痛みが出にくいというメリットがあります。医薬部外品の二酸化チタン・重曹などを使用しており、実際にはホワイトニングというよりは、着色を分解するというイメージです。当院では過酸化尿素を使用しています。

ホワイトニングのメカニズム

過酸化尿素は、一定温度になると酸素と水に分解される。その際、酸素が歯のエナメル質の色素と結びつき、着色物を無色透明に分解します。

むし歯のない健康な歯の方が対象

もし、むし歯などが存在しているところに、薬剤をつけて刺激したらどうなるでしょう。また、歯の表面にはペリクルという薄いタンパク質の保護膜があり、歯を守ってくれています。この保護膜はホワイトニングによって一時的になくなります。つまり、「歯が健康」という前提で行うべきです。

ホワイトニングが向いていない方

ホワイトニングは特定の薬による歯の変色や、生まれつきグレーがかっている歯の方は効果が得られません。妊娠中、授乳中の方、14歳以下の方にはお奨め致しません。

下北沢せきにし歯科医院で初めての診察予約!
PAGE TOP